SCC館情報施設更新特設ページ

  • HOME »
  • SCC館情報施設更新特設ページ

■ SCC館の情報施設が新しくなりました


 2016年3月末よりSCC館のデスクトップPCやその他情報機器が新しくなりました。
 それに伴い、ICTサービスが変わりました。
 変更点は以下の通りです。

【変更点】
   全学プリンタが新しくなりました。
   VDI(仮想デスクトップサービス)が利用できるようになりました。
   アプリケーション配信サービス「Z!Stream」が終了しました。
 

全学プリンタが新しくなりました。

printer

<<新プリンタ写真>>

 
  全学プリンタが新しくなり、以下の機能が新たに使えるようになりました。
   ・全台複合機となり、紙媒体をスキャンして個人フォルダ(Kドライブ)やUSBへ保存することができます。
   ・学内無線LANを通し、持ち込みPCやスマートフォンから研究室等のPCから印刷できます。
   ・USBメモリから直接データ(文書、写真)を印刷できます。
   ・デジタルカメラをプリンタと接続して直接印刷できます。
   ・ユニバーサルデザイン(車いす対応)の複合機が4台設置されました。
   (SCC館2F、Foresight21館1階、室の木キャンパスアシストセンター、文庫キャンパス図書館)

 
  プリンタの使い方につきましては、下記のマニュアル(要認証)をご確認下さい。

   情報施設PCから印刷する方法
   持ち込みPCから印刷する方法
   スマートフォンから印刷する方法

  

2. VDI(仮想デスクトップ)サービスが利用できるようになりました。

  VDI(仮想デスクトップ)サービスとは、学内外問わずWindow環境に接続ができるサービスです。

  【特徴】
   ・個人フォルダ授業フォルダを自宅や持込PCから利用できます。
   ・学外から大学のプリンタに印刷指示ができます。
   ・Microsoft OfficeSPSSなどのアプリケーションが利用できます。
   ・学内専用のサービス(CiNii Articlesなどの学術情報検索サービス等)を自宅から利用できる。

  【ご利用の注意点】
    同時接続が最大30セッションとなっていますので、30セッションを越える場合はご利用いただくことができません。
    学外から利用する場合は、SSL-VPNに接続してからご利用下さい。

  
   利用方法につきましては、下記のマニュアルをご確認下さい。
   VDI(仮想デスクトップ)サービス利用マニュアル

3. アプリケーション配信サービス「Z!Stream」が終了しました。

   アプリケーション配信サービス「Z!Stream」が2016年4月28日(木)をもって、サービスが終了となりました。

   Z!Streamでご利用頂いておりましたアプリケーションは、一部のアプリケーションを除き
   学内情報施設PCでご利用下さい。また、SPSS+Amosにつきましては、VDI(仮想デスクトップサービス)で
   ご利用頂くことができます。
   
  Adobeソフトウェア、Autodeskソフトウェアのご利用について
   Adobeソフトウェア・Autodeskソフトウェアについては、学校所有のPCに限りインストールすることが可能です。
   ご提供方法については、「優待サービスのご案内」をご確認下さい。

Copyright © 関東学院大学 ICT活用サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.